スイス生活6: 電車でチューリッヒ から ジュネーブへ

会社の本社がジュネーブにあるので、月に何回かジュネーブに行くことがあります。

距離的には276キロ、日本で言うと 東京ー三重県の津ぐらいの距離かと。飛行機も1日3-4便出てまして、飛ぶと片道1時間、電車だと3時間です。(もちろん車で走ってでも行けますが、各都市を通過する度に交通渋滞が酷いのと、レーダー探知機がウヨウヨ仕掛けてあるので、スピード魔の方にはお勧めできません)

SBB Travel

会社はジュネーブ空港の近くだから、本当は飛んだ方が早いのですが、空港のセキュリティチェックに時間かかって、また離着陸体制の間はコンピューターが使えないからという理由で、結局同じ時間かかるなら、能率の良い電車で国内出張行け!と言うことになっています。= ここ、ノーコメント。

スイス国内はSBBと言う鉄道会社でメジャーな都市を行き来します。日本の新幹線のようなものです。

ジュネーブまでは、スイスの首都ベルンを通って行くIC(Inter City)と ベルンの北を通って、ヌーシャテル湖沿いを走る ICE (Inter City Express)の二つがあります。

2つの列車はどちらも3時間で着くので、発車時刻により決めれば良いと思いますが、ベルン行きは通勤に使う人が多いのか、通勤時間はめちゃくちゃ混んでいます。1等車、2等車構わず席は自由ですが、朝の席取り合いはすごく醜いです。また、1度すごく混んで、チューリッヒベルン間(1時間)を階段に座らされたことがあります。

反対にヌーシャテル行きのICEは、まだ余裕があるような気がします。しかし、ヌーシャテル湖の綺麗な景色は良いですが、湖の近くになるとちょっとジェットコースター並みに上下・左右に揺れますので、私も含めてかなりの人が気分悪くなります。ですから、私は避けれる限りこっちのICEを避けています。

HB main station

SBBのチューリッヒ中央駅はこんな感じで、外にあります。
HB doll

奥左:チューリッヒの駅で有名なエンジェル。

奥中央:毎年9月から10月恒例でチューリッヒ駅内で開催される、オクトーバーフェストのレストラン会場。

HB Underground

私のIC列車この時間は大体、地下から出発です。ちょっと遅めの出発でしたから通勤ラッシュは逃れましたが、東京のようにめちゃくちゃ混むわけではありません。

SBB IC train

ICチューリッヒ・ジュネーブ間はいつも2階建です。地下の駅はこんな感じ。

で、列車の中2階はこんな感じです。(2階の方が景色が良いので、私はいつも2階派です)

IC inside 2nd floor

**注意:上の写真はジュネーブ空港出発した後撮りましたので、まだガラガラです。

After ZRH

チューリッヒ駅を出ると、こんな景色です。(別に綺麗ではないが)

スイスの秋は、朝霧が深くかかっていることが多く、今日は寒そうだなと思って着込んで外出ると、後でめちゃくちゃ後悔します。なぜなら、日中になると霧が晴れて、すごく良い天気になって暖かくなるのが特徴だからです。ヨーロッパのファッションの基本は、”重ね着だ!”と思いやられる時期です。

Bern HB

ベルンの駅を通過しました。

Fribourg

フランス語圏のフリーブルグ駅も無事通過。

フリーブルグを抜けると、農家の風景が広がって来ます。いっぱい牛さんいたりして、スイスらしい景色がいっぱいありますが、なぜか写真のタイミングがうまく取れませんでした。一応、コンピューターに向かって仕事もしてますし…

field 2

とうとう来ました!!!

ジュネーブまでの列車の旅は、ここが1番のハイライト!!

ロマン湖を上から見る景色。

Genfersee 1

Genfersee 2

Genfersee 3

晴れていたら、もっと綺麗かと思います。特に、夏の景色は最高です!!

 

GVA HB

ジュネーブ中央駅到着。最終駅のジュネーブ空港駅までもうすぐだ!

ジュネーブ空港駅着きました。

GVA cafe

列車駅を通り過ぎて、空港の中にもう来ちゃってます。Montreux Jazz Festivalが有名なので、ジュネーブ空港内にそのテーマのレストランと土産屋さんがあります。

GVA cafe 2

うちの会社の本社は、ジュネーブ空港から歩いて10・15分の所にあります。

周り何もないので、とりあえず現在の空港の管制塔と、昔の管制塔の写真を取っておきました。

ジュネーブはチューリッヒより南にあたるので、基本的にいつも1−2度温度も高いし、天気もチューリッヒより良いことが、結構あります。

ちょっとバカンス気分。周りフランス語だし。(ちなみに、私はフランス語しゃべれません)

GVA tower

GVA easy get

仕事して、また同じ風景を見て…

 

3時間かけてチューリッヒ駅に戻って来ました。はい、日帰りは疲れます。

でも、チューリッヒに戻って来て、地元に戻った感じでホッとしている。うーん、夕日が綺麗(普段は夜しか返ってこれませんが、この日は特別さっさと帰ってこれました)。

ZRH HB Outside

スイスに住んで働いていると、こんな感じの日常です。

広告

8件のコメント

    • そうですね。11月から3月の間は、外の観光がメインだと体が冷えちゃうんじゃないかなあ。できれば春から秋がいいですよね。ちなみに今日は22度です。

      いいね

    • スイスの夏休み時期で確実に閉まってるだろうなと疑うべき時は、8月1日スイス創立記念日の前後1週間だと思います(たぶん後の1週間は開業医、個人のお店、町役場など確実に閉まっているかと)。日本のお盆の頃はちょうどスイスの学校の新学期にあたるので、その頃でしたらどこでも普通営業です。

      いいね

  1. こんばんは。
    いつも楽しく拝見しています(^^)
    私は電車が好きなので、この記事を本当に興味深く読みました。
    電車の旅、最高!!
    美しい景色をありがとうございます。
    そしてお仕事もお疲れ様でした!!

    ピングーですが、この秋からまた新番組が始まりました。
    http://www.nhk.or.jp/anime/pingu/
    ただ、日本のスタッフ、キャストで制作された、CGアニメーションなんです…
    私は以前のクレイアニメーション、なかなか味があって好きだったんですけれど。

    いいね

    • Misaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

      列車の旅好きなんですか?
      もっと為になる写真を撮れれば良かったのですが… もしかしたら、ちょっとでも一緒に乗ってる気分を味わってもらえるかな?と思い投稿してみました。

      ピングー日本でまだやってるなんて! スイス人喜ぶだろうな〜。
      声も、スイス版の様にわけわからないこと言ってるんですか?(^∇^)

      いいね

コメントは停止中です。