スイスの生活5:チューリッヒ映画祭2018とチューリッヒのレストランBEBEK

チューリッヒでは毎年映画祭が開催されます。特に今年は、ジョニー・デップが来るというので、地元の新聞でもどこのホテルに泊まってるとか、ここのクラブに出没する可能性が高いとか騒がれていました。もちろん、それを読んだアラフィフのけいこちゃんは、

追っかけしたい!!

追っかけ

という衝動にかられました。はい、全く自分の年を自覚しておりません。

しかしバレエのクラスの日だったし、終了テストも控えているので渋々クラスへ。教室に着いて着替えてると、友達のCちゃんが、”ちょっと、今日ジョニー来てるよ〜” って。なんだ、ズル休みしてそっちへ行っておくべきだったねーという話で盛り上がる。この子は使える、とすでに次回を狙う私です。

ちなみに、ジョニーのビデオインタビューはこちら。

 

次の日、チューリッヒの日中は、10月にしてはとても暖かい日でした。それに空が青くてきれい!!

晴れの日

街にやって来た理由は、お友達と映画祭でやってる映画を観にきました。

 

映画はジャジャーン、

万引き家族・Shoplifters

映画館

2人とも日本に行ったことはないわ、日本のこともあまり知らないみたいだけど、大丈夫かな〜? 映画の中に出てくる、細かい日本の社会の状況とか、日本人ぽい表現とかわかるかな〜とか、とても不安でしたが、良かったよ〜、でもとても悲しいストーリーだねってコメントくれました。うんうん、悲しいねこの映画。(彼女たちを誘ったのは私でしたので、気に入ってもらえるかちょっと不安だった)

 

映画の後は、チューリッヒの街を歩き…

Film Festival

チューリッヒ映画祭メイン会場

Green Carpet

レッドカーペットじゃなくて、グリーンカーペット。

ここにジョニーが居たのね❤️(おばちゃん、くどい!!)

Lake Zurich

チューリッヒ湖

夕食の場所へと。

日本食屋さん行きたくて、町中歩きましたが(特に万引き家族で、カップ麺やそうめん食べてるシーンがあって、映画の後、無性にラーメンが食べたくなったので)、やはり土曜日、予約をして居ないと席が空いて居ません。

ということで行き着いたのはこちら

BEBEKさん

BEBEK MAP

オリエンタル料理を、居酒屋さんのように、小さいお皿で数枚取って、みんなで分けて食べるという感じです。フムスとかファラファとか。トルコ料理もあったし、ギリシャっぽいのもあったような。

こんな感じです。

BEBEK3

お店の中は、とてもCoolでシックすよ。

BEBEK4

BEBEK1

BEBEK2

隣は、トラムの車庫だったりして。あまりオーダーしてないですが、お酒も食後のコーヒーも飲んで、色々トライして、チップも入れてみんなで折半したら、1人CHF40(40スイスフラン)でした。ディナーでこの値段だったら、コスパが良いかと。またまた、おひとりさま、楽しい時間を過ごせました。

しかし、映画を観た後、ふと考えさせられました。家族の絆について。

最近、気になっていたんですが、

外国にいる高校生の息子とあんまり会話がないんですよね〜…

私の質問がいつもワンパターンなのかなぁ、”今日学校どうだった?”とか、在り来たりで。

で私も、何を聞けばいいかわかんなくて、絵文字のみで会話してるけど。

こんなもので良いのかな?最近の子は?

うーん、クリスマスに会えますが、離れてる間、どう母として対応すれば良いか。

これは育児書でも読み返さねば。

Old books

 

 

 

 

 

 

 

広告

1件のコメント

コメントは停止中です。